環境学習教材「豊島・島の学校」発行のお知らせ

テキスト表紙

2014年6月6日、NPO法人瀬戸内オリーブ基金・豊島応援団(旧弁護団)・廃棄物対策豊島住民会議は学習教材「豊島・島の学校 -豊かなふるさとを守る努力が未来をつくる」を制作しました。

この教材は、主に小学校高学年から中学生のみなさんに、「持続可能な社会」を作るためには、何を知り、どのように行動すればよいかを考えてもらうためのものです。

私たちは、豊島事件の歴史と瀬戸内海に浮かぶ豊島の現場そのものが「持続可能な開発のための教育」の生きた教材であると考えており、本教材が将来のライフスタイルや環境保全についてこどもたちが考えるきっかけになることを願っています。

【入手方法】

ウェブサイト「豊島・島の学校-豊かな島と海を次の世代へ」(http://www.teshima-school.jp/)から無料ダウンロードができます。