豊島産業廃棄物不法投棄事件を語り継ぐ

元廃棄物対策豊島住民会議議長の砂川三男さん。

不法投棄された産廃完全撤去への道筋をつけた公害調停の申­請から、11月11日でまる20年。国内最大規模の産廃不法投棄事件が人々の記憶から­徐々に薄れる中、決して忘れてはならないと、85歳になった今なお、豊島産業廃棄物不法投棄事件を語り継ぎます。

下記YouTubeは、案内をしている砂川さんを中心に、瀬戸内海放送(KSB)が特集したものです。是非ご覧ください。