8月の処理量は6,424トンでした。

2014年8月、1か月間の処理量は6,424トン(全体量の0.7%)でした。

2014年8月末の処理実績は701,366トン(全体量の76.3%)です。

※処理量は中間処理施設における処理実績と岩石等特殊前処理(水洗)と直下汚染土壌処理実績を合わせたものです。
※廃棄物等の総量は919,252トンです。

9月に入ってからも、2号溶融炉の一時停止、前処理設備(破砕機)の異常など、
トラブルが発生しております。

豊島の産廃処理が適切に行われているかについて、多くの皆さまに関心を持っていただくことが
産廃処理を完了させるためには必須のことだと考えております。

不法投棄現場の見学案内は随時、行っております。
こちらのページをご参照いただき、ご予約お願い致します(完全予約制)。

豊島・ゆたかなふるさとプロジェクト7月活動

NPO法人瀬戸内オリーブ基金との協働で「豊島・ゆたかなふるさとプロジェクト」を行っています。YouTubeで7月の活動の様子をご覧いただけます。

内容
豊島・ゆたかなふるさとプロジェクトのご紹介
(株)ユニクロのボランティア活動
ミクロネシア、スリランカ、ガーナなど、8か国からのJICA視察の様子

豊島・ゆたかなふるさとプロジェクトは瀬戸内海の美しい自然を取り戻し、次の世代に持続可能な社会をのこすための活動です。

8月は186人の見学者を受け入れました。

2014年(平成26年)8月の豊島産業廃棄物不法投棄現場への見学者数は186人でした。

2014年度の累計で見学者数は761人(前年度実績760人)です。

遠方で見学が難しい方は下記のウェブサイトをご覧ください。
事件の経緯、背景、豊島の思い等、豊島事件を伝えています。

豊島・島の学校 豊かな島と海を次の世代へ
http://www.teshima-school.jp/

現場見学は完全予約制です。
こちらのページをご覧の上、お問い合わせ・お申込み願います。