2014年2月末現在の処理状況及び見学者数

2014年2月末の処理状況ですが、全体量の72.6%となっています。
※処理量は中間処理施設における処理実績と岩石等特殊前処理(水洗)と直下汚染土壌処理実績を合わせたもの
※全体量は910,955トン

また豊島産業廃棄物不法投棄現場への見学者数ですが、平成25年度4~2月は「1,768人」です。

今後は新たな取り組みを行うことにより、1人でも多くの方に見学して頂けるようにし、風化を防ぎ、未来へと繋いで行く所存であります。

なお、現場見学は完全予約制となっておりますので、こちらのページをご参照いただき、ご予約お願い致します。

皆様のご理解・ご協力、よろしくお願い致します

2014年3月12日 豊島産業廃棄物不法投棄現場

2014年3月12日の豊島産業廃棄物不法投棄現場です。

全景写真写真 2014-03-013

檀山山頂の電波塔が見えます写真 2014-03-014

これらの写真は中間保管・梱包施設/特殊前処理物処理施設の会議室から撮影したものですが、この建物は檀山山頂からも見ることが出来ます(直島へ向う輸送船「太陽」が発着する桟橋も見えます)。

中間保管・梱包施設/特殊前処理物処理施設
http://www.pref.kagawa.jp/haitai/teshima/project/flow_4.htm

毎日新聞「ごみの島」脱却の闘い20年余 島も家族も再生の時

mainichi_20140226

毎日新聞に、当団体事務局長の安岐正三さんの記事が記載されています。
全文読むにはログインが必要ですが、無料で登録閲覧が出来ます。

毎日新聞 特集ワイド ニュースアップ
香川・豊島「ごみの島」脱却の闘い20年余 島も家族も再生の時=高松支局・鈴木理之

http://mainichi.jp/area/news/20140226ddf012040006000c.html

2014年2月28日 豊島産業廃棄物不法投棄現場

不法投棄された産業廃棄物の約72%の処理が進んでおりますが、新たな産廃が見つかったり、汚染水の処理問題など、完全撤去・原状回復には未だ多くの課題があります。

2014年2月24日の県議会での知事の答弁では、公害調停で定める処理期限である2017年3月頃までかかる見通しを明らかにしました。

知事「最長5カ月遅れも」/豊島産廃の処理期間(四国新聞)

香川)豊島の産廃問題 処理完了が5カ月延びる可能性(朝日新聞)