不法投棄された産廃の推計量について

http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/20130729000096

豊島廃棄物等管理委員会が7月28日に高松市内で開催され、2012年度末の県の測量調査で、産廃の推計量が11年度末の調査時から約2万7千トン減少し、約91万1千トンになることが報告されました。

「12年度末の豊島産廃推計量報告/管理委」 四国新聞
http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/20130729000096

2013年6月末現在の処理状況及び見学者数

2013年6月末の処理状況ですが、全体量の65.4%となっています。

また豊島側への見学者数ですが、平成25年度4~6月は「329人」です。

今後は新たな取り組みを行うことにより、1人でも多くの方に見学して頂けるようにし、風化を防ぎ、未来へと繋いで行く所存であります。

皆様のご理解・ご協力、よろしくお願い致します。